未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか

遊戯王はMTGを真似するべきか。「いや、ただ手を速く動かしているだけだよ」

 爪の垢を煎じて飲むなんて言葉がありますね。由来知らないけどどっからそんなばっちい発想に至ったのか狂気を感じるレベルだね。へんっ。

 私見から言うと遊戯王って大概クソゲーよね。インフレで塗り替わる環境、言うほどじゃないけどなんやかんやでよく分からない裁定やルール、蘇らない不死鳥。こんなに制作側が雑なカードゲームがあろうかって話。まぁ慣れたけど。

 それに比べて遥かに環境が整備されているのがMTG。勿論全くもってやらかさないわけじゃないけど常時やらかしてる遊戯王よりは随分マシでしょ。

 ってなわけで、MTGの整備された環境に憧れる決闘者もいるんだろうが、そこまでは何もおかしくない。

 だけど、そこから発展して遊戯王MTGみたいにあれをすればいいとかこれをすればいいとか言う人が出てくる。それはちょっと落ち着いてほしい。

 MTGの真似事で、遊戯王MTGのようになれるだろうか。僕の答えはNoである。

 

 

 そもそもMTG遊戯王じゃ全然勝手が違う。MTGはレアカードの値段が高い。その高い金がどこに行くかといえば、それが例えば環境整備であるとなる。MTGはプレイヤーに高い金を払わせる代わりに、高品質なプレイを保証すると考えて間違いではないだろう(だろう)。

 僕としては、いいカードゲームづくりに必要なことの根幹は単純に努力だと思ってる。バランス調整の議論を重ね、プレイヤーが好むものの調査を行い、とやっていくことで、間違いが起こりにくくなる。

 それに比べれば、スタン落ちだのなんだのなんてただの枝葉でしか無いと僕は思うよ。

 だけどどうも、遊戯王プレイヤーの中には、そのMTGの枝葉の部分をやけにありがたがっている人が少なからずいるんじゃないかと思うわけ。

 

 

 コナミも規制を恥じるべき」というのは順序が逆である

 まずは遊戯王制限改定の辺りでちょいちょい出てくるこの話から。

 遊戯王のパワーカードは基本的に環境をぶっ壊すような、規制前提のカードであることは否定しない。

 だからそれがおかしい、有料の物を使うゲームとして歪んでいるというのはまぁ分かる(僕は感覚が麻痺してるコナミ信者なのでどーでもいいです。)。

 でもだからといって、MTGが前に言ってた「禁止カードを出すことは公式大会で使えないカードをパックに入れることになる」って発言をコナミは噛み締めろ、っていう話じゃないと思うわけ。

 今そういう人達が問題にしてるのは、規制しなきゃいけないカードが生まれることなわけで、まずメスを入れるならそこじゃない?

 今のコナミの雑環境整備で、「規制なんてしたらパックを買う人に裏切りになるな」とか言い出したらどうなるって、そりゃ、「環境ぶっ壊れてると思うじゃん?いや違うんだよー。○○って大会だと予想外のデッキが入賞してるからまーだ規制はいらないかなー」って言って必要な規制をしなくなるだけでしょ。

 どんなポリシーだろうと、必要なら規制はさっさとした方がいいに決まってる。

 MTGだって特定のカードが支配しているのに禁止改定を行わなかったらプレイヤーの不満がたまる。

 いっつもやらかしてる今のコナミにあるべきなのは思いやりじゃなくて思い切りでしょ。根っこがしっかりしてないのに、変に躊躇うような言葉ふっかけるのは悪影響だと思う。

 

 

 スタン落ち」はコナミの頭が爆発する

 「コナミはインフレを抑える為にスタン落ちを採用しろ」なんて気軽に言うけど、そんな簡単な話ではないよ。

 そもそも、スタン落ちすればインフレ抑えられるかというと、その保証は無いよ。

 スタン落ちのあるポケモンカードをやってたけど、ポケモンカードADVと数年後のポケモンカードBWじゃ全然違う。かなりインフレしてる。全体的に攻撃のダメージもそれを受ける体力も増えている。暇だったらADVレックウザとBWのレックウザを見比べてみるといいよ。

 勿論これだけ持ち出して無意味と言いたいわけじゃないよ。ただ、スタン落ちしてからインフレを抑えたいなら、製作者とプレイヤーの努力は必要だよって言いたい。そんな、スタン落ちってのよさそうだから遊戯王にもつっこもーぜーって単純な話じゃないよってこと。

 ちなみに補足すると僕はポケカのインフレは嫌いじゃないよ。ADVではマグカルゴexデッキを、BWではアギルダーデッキを使ってたかな。楽しかった。

 そしてデメリットもある。コナミの頭が爆発する。

 スタン落ちを導入するということは、レギュレーションを1つ増やすことになる。この時コナミに課せられる使命は、定期的に新しいカードプールになるスタンダードと今までのカードが全て使えるワイルドの、どちらの環境整備も行うことなわけだ(名前はハースストーンからお借りしたよ)。

 出来ると思う?レギュレーション1個ちゃんと出来ない人達が。

 カードプールが違うってことはカードの強い弱いも違ってくる。MTGのエルドラージなんか分かりやすいかもしれない。

 スタンダードでエルドラージが元気にかつ支配しすぎない程度に暴れている間、もっとカードプールの広いレギュレーションでは、モダンはエルドラージに食い荒らされ、レガシーとヴィンテージはエルドラージによる革命が起こっていた。MTGではレギュレーションじゃなくてフォーマットって言うけどね

 何故か。それは、ずっと昔に収録されたカード、《ウギンの目》と《エルドラージの寺院》のせいだ。勿論、その時期のスタンダードには存在しないカードだ。結果として、モダンでは《ウギンの目》を禁止することになった。

 要はスタンダードの中でちゃんとカードを作りながら、ワイルドでも変なことにならないようカード作りを調整していかなくちゃいけないわけ。

 君達が失望してるコナミにそれが出来るかって、そりゃ無理とは言わないけどさ。

 それと、レギュレーションを増やすとどれかのミスが会社のミスになるってのも小さくはない。

 例えば、pauperでループコンボ(等)のパーツ、《フェアリーの大群》が禁止になった。そしてその後、《フェアリーの大群》に似た効果を持つ《流浪のドレイク》がpauperに登場した。プレイヤーは《流浪のドレイク》を用いたループコンボを恐れた。結局《流浪のドレイク》は環境を荒らし、やがて禁止になった。遊戯王も毎回似たようなサーチ効果持ちが規制されるよね

 この騒動で「WotCちゃんとしてくれよー」と思った人の内どれだけがpauperをやっているだろうか。

 レギュレーションを増やすということは、賞賛と誹謗を浴びる回数を増やすことに繋がる。んで、今コナミはみんなから多かれ少なかれ恨まれるようなことをしているわけだ。じゃあ変に手を広げない方がいいよね。

 

 ちなみに余談だけど実質スタン落ちの話をするね。僕はこの言葉大っ嫌いなんだよ。割と好きなMTG動画でこの言葉使われててガックリ来た。

 ホント正直、実質スタン落ちとただのスタン落ちの区別がつかないのはちょっと冷静さが足りないと思ってる。

 実質スタン落ちってのは、遊戯王とかによくある話で、要は昔強かったカードがインフレのせいで大して強くなくなっていって、結局最新のカードで固めたデッキじゃないと大会で好成績を残せないって話から出てきた概念ってことでいいと思う。

 大体テンプレとしては、「でもMTGのスタンダードってスタン落ちがあるんでしょ?」に対して「いや、スタン落ちの期間ぐらいの時間があれば国産TCG(まぁグローバルな言い方だこと)ではトップメタがごっそり入れ替わってるよ。だからスタン落ちなんて大したことないさ」みたいな感じ。

 いやおかしくない?いやそもそも、MTG知らんけど、スタン落ちローテーション開始時(ちょっと言い方変かも)のトップメタがずーっと落ちるまで続くわけじゃないでしょ?新パックが来れば環境だって変わるでしょ?つまりこの人は必ずしも環境トップを追う必要は無いって言いたいわけでしょ?

 じゃあなんで他のTCGは躍起になって環境追う必要性があるわけ?ハナから環境追う気も無くデッキ組んでても実質的に落ちるわけ?

 MTGにだけぬるいハードル設置しておいて公平に語ってますーみたいな感じなのホント最早ただの嘘つきでしょ。詐欺師。

 僕はスタン落ちという制度についてはいいもんだと思ってるよ。だけど完璧な制度ってのはそう無くてやはりデメリットはつきものなわけだ。そのデメリットから目を背けるなんてもんじゃない、他人の首をぐいっと無理やりひねるような真似をするのは気に食わん。それで遊戯王がとばっちりでdisられてんだからたまったもんじゃない。

 と思ってたらそれ以外のケースでも言うみたいね。単純に、インフレきついしスタン落ちしても変わらなくね?、みたいに。変わるわ。

 

 

 別に、僕は諦めろと言いたいわけじゃない。「どーせWotCはじゃぶじゃぶリソース割いてやってんだから、コナミじゃ無理だよ無理」と言いたいわけではない。

 でも、MTGが上手くやっていってるのを、その枝葉だけ見て、それを真似するべきだと考えるのはどうなのかって言いたい。

 そもそも遊戯王は根っこがそういう点では危うい。だから僕はまず求めるならば一層の努力であると思う。しっかりまともなことをやる基盤を作ってから、使える物事を参考にしていくべきだと思う。