読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか

テンションマックス!ドロシーウィッチ

 バハムートが降臨しました。

 新パックによって超越ウィッチはどうなっていくのでしょうと思いながらカードリストを見てみるとあら不思議。

 う……ううう?なんか微妙じゃね?

 ゲイザー、ルーンの貫き、破魔の術式……いや弱くはない、けども、これ超越ウィッチに入るかって、うーん。入りはするかもしれないけどなんかなんというか……

 ……

 というわけで、超越ウィッチのことはひとまず忘れましょう!

 

 

 印象鮮烈!【ドロシーウィッチ】!

 というわけで新しいレジェンド、《次元の魔女・ドロシー》を軸にした新デッキを作りましょう。

 《ドロシー》は、スペルブーストでコストが1ずつ下がる9コストの5/5、そして出た時に自分の手札を全部消滅させた後5枚ドローして手札それぞれを5回スペルブーストします。

 強いよ。

 そもそも手札が5枚に回復するのがインチキ臭く、その上その5枚の中からスペルブーストフォロワー達が湧いてくるのは頭おかしいです。まぁ対戦モノなんて頭おかしいぐらいじゃないと覇権取れないしね。

 というわけで、《ドロシー》と愉快なフォロワー達をスペルブースト(以下スペブ)して盤面にドカドカ送り込むのが、【ドロシーウィッチ】でございます。

 

 デッキかな?紙束だ!

f:id:sinzyotoku:20161229183220j:plain

 

 試しに組んだよ。なかなか悪くないから載せるよ。では、それぞれについてざっと釈明していきましょう。

 超重要カード

《智恵の光》:3枚

 スペルブースト強い。

《古き魔術師・レヴィ》:3枚

 進化すれば1枚で2体除去できるのはフツーに強い。進化権切れると手札で体育座りしてる間にドロシーにぶっ飛ばされるけど仕方無い。

《ウィンドブラスト》:3枚

 【超越ウィッチ】の時程のインチキさは無いもののテンポよく中型まで倒していくのは強い。ただ3は多すぎるかもなぁ。でも2マナの除去スペルって言うとなぁ。

《神秘の探求者・クラーク》:3枚

 手札のフォロワーに2回ずつスペブ。シンプルに強い。こいつのおかげで《フレイムデストロイヤー》を3積み出来る。

《ゲイザー》:3枚

 5マナだけどスペブでコスト-1。体力が4あるので3点ダメージを耐えられる。これは地味にデカイんじゃないかな?多分。《ドロシー》から引いて来ると丁度0コストになってすぐ出せる。

《次元の魔女・ドロシー》:3枚

 切り札。クソインチキ。こいつの効果を考えるとドロソをあんま積む気にならないので根性で引いてきて下さい。ダブると弱いけどダブるより来ない方が100倍謎デッキになるので3積み。

《フレイムデストロイヤー》:3枚

 重くてデカい。ドロシー以上に手がかかるので減らす人もいると思いますが、僕としてはそれなら手札の足並みが揃うまで待とうと思っています。

 というのも単純にパンチが足りないんですよね、いないと。コントロールの除去の嵐をかいくぐりつつ20点殴らなきゃいけないので、《フレイムデストロイヤー》を何枚か場と手札に置いておきたいです。そうなると腐るリスクがあっても3枚かなぁと。ここは微妙。

 

 いいカード

《エンジェルスナイプ》:3枚

 なんやかんやでメリットをもたらしてくれたりする1コストスペル。

 ウィッチの1コストスペルの少なさを考えるとこれはとてもいかすスペルです。あと2コストが多くなってしまったので奇数ターンの穴埋めに使えるかもしれない。

 ただ3枚は多いかもしれない。

《マナリアウィザード・クレイグ》:3枚

 手札のフォロワー1枚を2回スペブ。便利だけど、なんやかんや不器用さに効力が見合ってるかと言われるとうーんなんだよな。でも3積むスペックはあると思う。

《マジックミサイル》《虹の輝き》:2枚ずつ

 ノリ。《ドロシー》出すまでに欲しいのは手札よりもテンポだけど、《ドロシー》引かなきゃ話始まらないのでこの枠は少し欲しいよね。

《ゴーレムの錬成》:3枚

 ノリ。

《ベビーウィッチ・エミル》:3枚

 あのきゅわきゅわボイスはちょっと引いた。

 手札からぴょんぴょん出して盤面に触る生きる火力みたいな使い方が主かな。

 

 なんかびみょいやつら

 《ルーンの貫き》:1枚

 フォロワーと顔面に2点。4コストだけど進化するとコストが1になる。

 体感クソ弱いけどまだ判断を下すには早計かなぁとも思う。

 勿論進化権を切らしたあと引くとクソ弱い、でも4ターン目までに握ろうと思ってもマリガンで初手に来たらちょっと返すかもしれない。というか1コストならかなり強いけど4コストでこれはまじでもう信じウェーバーられないぐらい弱っちいのでなんか極端すぎてあんまなぁ。

 一周回って漢の3積みという手も無くはないけど手札でかさばると序盤の動きがかなりショボくなるのでこれも難しい。

《ライトニングシューター》:1枚

 オシャレ枠。お前らこいつのこと忘れてただろどやー枠。

 フォロワーで除去出来るからコンセプトにはかなりあってる。ただ重い。

《運命の導き》:1枚

 前は3積みしてたけど個人的にこのデッキは《クラーク》と苦楽を共にするデッキだと思っているので、こいつが手札にいるとのろのろしてしまうのが気になるのであんま入れたくないかなぁと。あと《ドロシー》がドローするシー。

 ただ根性で《ドロシー》引く必要があるのでドロソはある程度欲しいよね。

 

 入らなかったカード

《マーリン》

 スペブ持ちスペルが無茶苦茶少ないので見送り。1枚ならあり。

《魔力の蓄積》

 遅い。

《破魔の術式》《魔女の雷撃》

 遅い。ただ2コストばっかだしちょっとぐらい入れてもいいかもしれんね。入れるならどっちかっていうと《魔女の雷撃》かな。エンハンスとウィッチの相性の悪さたるや。

《サモンスノー》《二重錬成》

 盤面は《ドロシー》ドカーンでなんとかするのであんま小物パラパラ突っ込んでもしょうがない。

 《ドロシー》にあまり依存せず手札を投げつけるアグロタイプならありだとは思うけど、《ドロシー》との相性は悪いよ。

《刃の魔術師》

 6ースペブ分のコストの疾走。

 これ入れないのは方向性の問題かな。僕は《フレイムデストロイヤー》ドカーンするタイプだから疾走2点がどうのこうのする気にならない。

 《ドロシー》を締めにしたアグロタイプならありだと思う。ただ序盤もたつくのにアグロって出来るのかしらという気もしてる。元が6コストのこいつを入れるなら尚更。

《スペクトルウィザード》

 単純に弱くない?これ入れるならマーリン入れるわ。

 

 

 不安は誰にでもある

 【ドロシーウィッチ】の弱点。それは超速攻と全体除去ですね。要はむっちゃ早いのとむっちゃ遅いの。

 ミッドレンジロイヤル程盤面取りが安定せず、超越程フィニッシュが安定しない。《ドロシー》出す前後での強さは尋常じゃないですがそれまでに倒されたり尋常じゃない場を丁寧に丁寧に捌かれることがあります。

 まー正直そういうのは仕方無い。アグロに弱いのはウィッチの宿命だし《ドロシー》の性質上手札ブッパが正義だから全体除去はね。

 逆に対策する側、【ドロシーウィッチ】が倒せない!という人は【ドロシーウィッチ】何回か回してみるといいよ。使用感は結構【超越ウィッチ】と似てるけど盤面誤魔化しやすかったり勝ちへの確信が得られないままGOするしちょっと空気掴んどくと違うと思う。

 

 

 おまけ。デッキ名はギリリもう決めなくちゃ駄目さ

 【ドロシーウィッチ】は【アグロウィッチ】ですか?それとも。【テンポウィッチ】ですか?ということが気になる人もいるだろう。僕としては、どちらでもないと思っている。

 理由としては、序盤があんま強くないからっていうのがあるね。

 アグロデッキなら序盤にフォロワー並べまくって相手の処理を追いつかなくさせるし、テンポデッキなら序盤は相手を除去で牽制しつつ小粒で優秀なやつをポロッと出しておくでしょ。

 でも、【ドロシーウィッチ】は2ターン目に2コストバニラスタッツ出して「スペルブースト出来たーいい手札だー」ってするデッキでしょ?

 それでアグロやテンポ名乗るのは個人的にどうかと思うわけよ。

 でもミッドレンジでもないと思う。ミッドレンジっていうと肉厚なイメージがあるけど、【ドロシーウィッチ】が肉厚なのは《ドロシー》出したターンぐらいだし。

 要は【ドロシーウィッチ】なんだよ!強いて言うなら【コンボウィッチ】だけどウィッチなんてみんなコンボだろ。じゃあやっぱり【ドロシーウィッチ】じゃん!

 

 というわけで【ドロシーウィッチ】です。参考になったらいいかな。