未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか

【結界像真竜】というのはどうだろうか

 いえーい久々の遊戯王の話だよ。

 さて、まず思うのが、戦闘破壊から身を守れる状況での結界像ってかなり強くない?

 除去を壊獣に任せるプランは言わずもがな崩壊するし、罠でもあんま除去って感じの罠が減ってきた気がする。

 じゃあ、結界像の隣に戦闘破壊から身を守れて特殊召喚に依存しないカードを置ければ強いし、逆にそのカードが壊獣に弱くても結界像が補ってくれるわけだ

 となるとねぇ、組んでみたくなるよね、【結界像真竜】

 

 

・デッキ解説

f:id:sinzyotoku:20170207235337p:plain

 

 エクストラはテキトーだよ。

 

 デッキのコンセプトは至って簡単。

 『真竜』永続魔法の効果を使って、『結界像』《マスターP》を場に揃えてニヤニヤする。あとは《強欲で貪欲な壺》《命削りの宝札》でリソースを補ったり相手の嫌がるカードを引いてきて更にニヤニヤする。

 揃わないことは少なくない(大体の場合『結界像』が引けない)けど、片方だけでも継戦能力はなかなかあるのでその内揃えてシメて勝てる。

 

真竜モンスター:《マリアムネ》1枚《マスターP》2枚イグニスH》1枚

 《マスターP》は強いけどあんま来すぎてもアレなので2枚。サーチ多いしね。

 イグニスH》は、なんか後攻弱くね?ってなって《烈旋》入れたけど、相手の妨害下で《烈旋》《マスターP》と他のリリース素材のセット揃う?ってなってレベル5で後攻に強いこいつに白羽の矢が立った。まぁなんか強いような弱いような。

 《マリアムネ》《ドラゴニックD》が2枚手札にあるっていう強い時に強いことする為のカード。ドロソが多いと強い時も来やすいので採用。いる!って強くは言えないけどなんやかんやいいカードだと思う。

 

結界像モンスター:《パキケファロ》3枚『結界像』3種類1枚ずつ

 枚数は特に拘りがあるわけじゃないけど丁度ちょっと足りないぐらいかなぁ。前はもう1枚入れてちょっと多いぐらいかなぁだったのでここはなんか調整いる。何属性の『結界像』がいいかはあんま自信無い。取り敢えず『十二獣』《妨げられし怪獣の眠り》で破壊されかねない以外がいいんじゃないかな。属性散らしてるのはメタ読みに自信が無いから。

 

《増殖するG》:1枚

 『結界像』との噛み合わせが悪いけど強いカード。《命削りの宝札》使うなら無駄撃ちすればいいだけなのでこっちは大丈夫。デッキの構造からして手札がたらふくあってもあんま意味無いけどまぁでも手札は多い方がいいし投げれば相手も動きにくくなるでしょ。正直オシャレ枠だから抜いていいよ。(ゴキブリがオシャレってどういう)

 

 

ドローカード:《命削りの宝札》3枚《強欲で貪欲な壺》2枚《強欲で謙虚な壺》3枚

 手札が強くなる。ダブったカードは《ドラゴニックD》に捧げればいいんだけど、2種類ダブったらもうしょうがないよ。

 

《ドラゴニックD》と愉快な仲間達:《ドラゴニックD》3枚《テラフォ》3枚《盆回し》2枚《擬似空間》1枚

 《ドラゴニックD》は無茶苦茶強い上に複数引けばその分強いので沢山入れよう。ただ《盆回し》はどうも難しいイメージがあるので3枚積みにくい。

 

『真竜』魔法、罠:《使徒》2枚《継承》3枚《黙示録》1枚《復活》2枚

 多い。

 こんだけ多いのは理由は単純で、《エア・サーキュレーター》バオバブーン》が入らないからです。

 そうなると《ドラゴニックD》で破壊しつつアド回復するには、『真竜』魔法、罠を《ドラゴニックD》で割って《継承》でドローするってなるわけなのよ。

 それと『真竜』魔法で召喚権を増やさないと《マスターP》『結界像』が並ばない。

 

《烈旋》:2枚

 このデッキは特殊召喚をそう行えない都合上、除去しつつリリース素材を工面してくれるこのカードは強い。デメリットの話はふざけたエクストラデッキから察して。

 

《羽根箒》、《ブラック・ホール》、《虚無》、《勅命》、《宣告》:1枚ずつ

 強い

 

サイドに入れたいカード

・追加のイグニスH》

・追加の『結界像』

《コズミック・サイクロン》等の伏せ破壊カード

・なんか『真竜』相手に強いやつ

 

 

・得意そうなデッキ、苦手そうなデッキ

 【十二獣壊獣】にはかなり強いと思う。《マスターP》で引っ掻き回して『結界像』で倒す。この2種類が揃えば相手も相当きついでしょ。

 【真竜】は普通にキツいと思う。特殊召喚しない特殊召喚メタデッキがミラーに弱いのはね。

 

 

 このデッキの特徴として、なんと『十二獣』を使わないんです!というか使えないんだけど。

 だから『十二獣』を使わないで環境とある程度渡り合えるデッキを使いたいって人や何度も何度も『十二獣』を回してもう頭が疲れたーって人も、このデッキをちょっと回してみてもいいかもしれません。

 

 では