読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか

雪の貴公子、《サモスノ》入り【超越ウィッチ】

 【アグロネクロ】強い。

 《骨の貴公子》強い。他にフォロワーが1体でもいれば《ボーンキマイラ》相当、他にいればいる程スケルトンの予約が出来る。

 これに対して《ファイアーチェイン》というのは有効なんだけど、相手の展開に合わせて4マナを払うのは、ラストワードで並べてくるのと噛み合わせられない。そこに食い込ませるのが《刃の魔術師》だけど、数に限りがある。

 だけど【アグロネクロ】は序盤の動きは別に平凡だから例えば、先置き出来る《エンジェルバレット》なんてのがあれば、【アグロネクロ】にも勝ちの目が出やすくなるんじゃないだろうか。

 というわけで出来たのが、《サモンスノー》入り【超越ウィッチ】だ。

 

f:id:sinzyotoku:20170421163215p:plain

 

デッキ概要

 【超越ウィッチ】とは、《次元の超越》を唱え連続してターンを獲得して、その間に相手に何もさせずに殴りきり勝利する、ワンショットキルデッキの一種。

 《次元の超越》のコストはスペルを唱える度に下がるので、まずスペルを唱え、次にスペルを唱える。すると、《炎の握撃》等のスペルを軽く出来るのでまたスペルが唱えられる。相手を除去スペルでいなしながらドロースペルで手を進め、スペルをひたすら唱えて、《次元の超越》からのカード連打で一気に勝つ。

 今回の構築は、《刃の魔術師》と《魔法剣》をフィニッシャーに据えたタイプで、《フレイムデストロイヤー》を用いたタイプよりトドメに必要な手札が多く事故りやすいが、各々のコストが低くスペルブーストによってコストがあっさり1や0になるのでトップスピードは速い。【アグロネクロ】は勿論、【ランプドラゴン】も一瞬で半分以上のライフを持っていくので、どっしりと除去しながら構えるのも不安と思ってこちらにした。

 

デッキ解説

《エンジェルスナイプ》《知恵の光》《マジックミサイル》《ウィンドブラスト》《虹の輝き》《魔力の蓄積》《運命の導き》《次元の超越》:3枚ずつ

 説明不要。これらが2枚以下になることはそうない。昔は《虹の輝き》は腐りやすいから2というケースもあったけど、《学院の新入生・ルゥ》や《魔法図書館》等自分のカードで対象にして嬉しいカードが増えたので、やはり3。

 

《サモンスノー》:2枚

 今回の目玉。先置き出来る《エンジェルバレット》。【アグロネクロ】を牽制出来るののは勿論、【ランプドラゴン】の4コス筆頭の《ラハブ》の体力が5だから進化した《マーリン》でワンパン出来ないので、後攻3ターン目や先攻4ターン目に置いておくと地味な嫌がらせに対する地味な嫌がらせになる。

 更にある程度リーサルの補強になるので、守りだけでなく攻めにも使える。《刃の魔術師》と《魔法剣》のルートは火力不足になりがちだから、こういう中途半端な火力増強も選択肢として立ってくる。

 カードパワー的にはそう異存は無いけど、複数引いても弱いので2枚。

 

《刃の魔術師》:3枚

《魔法剣》:2枚

 リーサル枠。《刃の魔術師》は自衛にも使えるけど、《魔法剣》は不器用なのでこの枚数。腐る《魔法剣》の枚数を抑えやすいのも、《サモンスノー》の強み。

 

《マーリン》:2枚

《学院の新入生・ルゥ》:2枚

《魔法図書館》:1枚

 スペルサーチ系。《マーリン》は1枚は絶対欲しいけど2枚目を引くと弱いから、半分《マーリン》の《学院の新入生・ルゥ》を積んで誤魔化す。《魔法図書館》は2コストで1枚が2枚になると聞くと強いけど、制約や弱点がキツいので注意。

 《サモンスノー》や《魔法剣》のせいで《マーリン》や《学院の新入生・ルゥ》で《次元の超越》をサーチしにくいので事故ったら割り切ろう。

《マーリン》は複数積まなくてもよさそうなので2枚。

《学院の新入生・ルゥ》はなんでか知らないけど2枚。

《魔法図書館》は《サモンスノー》と犬猿なので1枚。

 

《古き魔術師・レヴィ》:1枚

《炎の握撃》:2枚

 除去枠。

《古き魔術師・レヴィ》は進化権がカツカツな上進化出来ないと完全にお荷物だから1枚。

《炎の握撃》は手札さえ良ければアグロ系相手にも軽量除去として連発出来るので、複数積むのは悪くない。3枚は手札でかさばるかもしれないから1枚。

 これでデッキが39枚になったので《ゴーレムの錬成》入れて40枚。

 

 

 気が向いたら小技とかの話をします。

 ではまたいつか