未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか。おみのづえSPの名前でツイッターやってます。@hancluXYZ

夢値とあれと遊戯王、うちわを語る。書き始め編

※夢値とあれと遊戯王(http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~16383)のネタバレ含みます

 

 こういうことする作家はサムいみたいなツイートがちょっとコピペみたいになってた気がするけど、まぁ、なんだその、あれだ、気にするな。人類とて必死だ、それぐらいはやるだろう。

 

 

 まず、大枠から。

 一番最初に目指したものは、夢値がしょっぱなからクソみたいな無限ループで敵を轢き殺していく小説でした。

 以前別の名前で遊戯王2次を書いていた時はフツーの決闘だったんですが、決闘譜を書くのが異様にめんどくさかった上に、

 死ぬほど盛り上がらない。

 これ大事。上手い人ならかっこいいワンシーンとかっこいいゴールを決めつつ全体的に殆ど無理の無いようにいけるんですが、僕はねー、ねー。

 というわけでインパクトのあるシーンからそのまま確殺に持っていける、ワンターンループキルに近いものを書こうと決めました。狙い通り、これはペース配分もクソも無いので、かなり気楽に作れました。陸上やったことがない人がちょっと100m走るのと42,195km走るのじゃあ難易度が段違いでしょ。やり終えるプレッシャーだけならこんなもんよ。

 それと僕の考えたループを見せびらかしたかったのも間違い無くあります。それを発端にした割には渋々無理矢理ループひねり出したりしてクソデッキを仕上げたけど。【ライフゲインソルトルーパー】とか。

 あとはワンターンループキルばっかの小説とか何やってんだ僕と思う度に遊星(1kill厨)のSSに救われ、どういう風にループの説明をするか、統率これくしょんとしんでれら・まじっくを参考にしました。後ろ2つMTGじゃねぇか。

 というわけで毎試合マンネリするぐらい主人公が爆勝することが決まったので、変にこじゃれた主人公には出来ません。だから主人公はシュールでちょっと何考えてるか分からない、人間味を感じず共感出来ないようなキャラにしました。そうすればなんか、天災に遭ったぐらいのどーしよーもなさを読者が感じてくれるだろうと。

 というとこで主人公、老伍路 夢値のキャラは決まりました(その時名前はまだ決めてなかった)。ここで僕は欲を見せたんです。

 これ、トンデモシュールギャグ路線いけるんじゃない?

 何を隠そうマイティ・ソー、脳内の無茶苦茶をそのままぶち込んでも許してくれるトンデモギャグは、書きやすくて好きなのです。

 ということでトンデモをギャグにも振ることにけってー。そうした時に真っ先に脳裏によぎったのがアニマル横町だったので(なんでかは知らん)、夢値は人外か子供だなってなってじゃあ子供だなってなりました。この時点で園羅の登場は決まってました。ヤマナミさんですね。名前はまだだったけど。ちなみに夢値が床から何かを取り出すことが多いのもヤマナミさん要素だった気がする。こうなるとツッコミのキャラもある程度絞れてきて、ある程度夢値より年上だけどあんま大人にしてもわちゃわちゃさせにくいってことで高校生ぐらいにして、僕の中でなんとなく2人は異性だなって思いました。樢(その時名前は以下略)の誕生です。

 ここで夢値と樢を男女にするか女男にするか迷いましたが、男女にしました。なんでだっけ?

 汚れ役は男に任す方が人権団体に怒られにくいので夢値を女にする方が無難だったかもしれないけど、まぁなんか、その時の僕は何か考えがあったんだよ。たまには男がシュールギャグで女を振り回すのをやりたかっただけかもしれない。覚えてない。

 ということでキャラが決まったのでストーリーですが、夢値があんまりアグレッシブだと樢の存在価値に疑問が生じる気がしたので、夢値は樢を守るという方向にしました。まもロリ方式ですね(僕が勝手に名付けている。又の名をGO空伝方式)。というか序盤のストーリーはフツーにまもロリをパクりました。この時点ではサンサーヴの扱いはテキトーでなんか凄い石ぐらいにしか考えていませんでした。ま、終わりの方のストーリーを考えるとサンサーヴがラスボスにすればストンと締まると分かってからは、色々因縁とかこっそり後付していくようになりましたけど(アニメ版まもロリの最後とビミョーに被ってるのは流石にまぐれ)。ちなみに夢値がスターチップ持ってるのは、結構後に思いついたんじゃなかったっけなぁ。

 あとはいつか使うかもってことで色々キャラを考えておいて、使ったり使わなかったりって感じですね。

 ダードは樢の為に作ったみたいに前に言ったけど、元々解説が欲しかったんだよね。だからついでに樢のメンタルケアもできそうな感じでってなって犬になりました。ここでダードが人じゃなくて犬なのは、樢がひと目見ただけのイケメンにでれでれしてると人権団体からの抗議が来ると思ったからです。ちなみに樢が男だったらテキトーに美人をあてがっていた可能性もあるので、これはこれで逆に人権問題になっていたかもしれません。世の中男作家の女キャラと女作家の男キャラに厳しいのよ。

 九衆宝 毛糸は最初、ただのハンターでした。あんな色々設定背負わせたのは、もうそろそろ終わりにしようかなと思い立ったのと、そこまでに伏線を張っていたのが毛糸ぐらいしかいなかったからです。毛糸がハンターの予定だったという証拠として、ハンターの名前は武器から取られていて、

 ルベーサ→サーベル 稲紅→クナイ 沓査 研、芽里→メリケンサック シグ、ザウ、エル、ピーツー→シグザウエルP220

 なんだけど、九衆宝毛糸も特殊警棒から取られてるんスよね。ちなみに毛糸はハンターやってて樢がサンサーヴ持ってることを知ってから共通の友人2人を洗脳して樢にけしかけるという予定でした。

 

 創作となると、「作品全体を通して伝えたいこと」みたいなのがよくありますが、この作品にそんなものは無いよ。ただ、絶対無いとするのもめんどくさいので、そこら辺はフレキシブルにというか都合よく行こうと思いました。レベル6が無駄に説教臭いのも、まぁ変な話が1回ぐらいあってもいーじゃんぐらいの考えです。

 

 

 とまぁある程度書きたいことは一通り書き終わりました。1話毎に語りたいけどまだ書く気にならないのでいつか書くかも。

 

 

おまけ 今作で気に入ってる名前

九衆宝 毛糸 なんかかっこいい。名字はいくら複雑でもいいから名前は分かりやすくという方針の為下は毛糸にしましたが、もっとかっこよくしても良かったかも

沓査 研 沓査って線対称に近くてかっこいいよね

老伍路 夢値 名字4文字名前2文字ってなんかテンポよくない?

灯木 稲紅 灯木みたいに読み4文字を3文字1文字に分担するのおしゃれじゃない?ちなみに灯木だったり灯黄だったりするのは、元のキャラ設定には灯黄って書かれてるけど基本本作では灯木で突っ張っている為。