未定はいけないものを

遊戯王とか遊戯王小説の宣伝とか日常で思ったこととか

雪の貴公子、《サモスノ》入り【超越ウィッチ】

 【アグロネクロ】強い。

 《骨の貴公子》強い。他にフォロワーが1体でもいれば《ボーンキマイラ》相当、他にいればいる程スケルトンの予約が出来る。

 これに対して《ファイアーチェイン》というのは有効なんだけど、相手の展開に合わせて4マナを払うのは、ラストワードで並べてくるのと噛み合わせられない。そこに食い込ませるのが《刃の魔術師》だけど、数に限りがある。

 だけど【アグロネクロ】は序盤の動きは別に平凡だから例えば、先置き出来る《エンジェルバレット》なんてのがあれば、【アグロネクロ】にも勝ちの目が出やすくなるんじゃないだろうか。

 というわけで出来たのが、《サモンスノー》入り【超越ウィッチ】だ。

 

f:id:sinzyotoku:20170421163215p:plain

 

デッキ概要

 【超越ウィッチ】とは、《次元の超越》を唱え連続してターンを獲得して、その間に相手に何もさせずに殴りきり勝利する、ワンショットキルデッキの一種。

 《次元の超越》のコストはスペルを唱える度に下がるので、まずスペルを唱え、次にスペルを唱える。すると、《炎の握撃》等のスペルを軽く出来るのでまたスペルが唱えられる。相手を除去スペルでいなしながらドロースペルで手を進め、スペルをひたすら唱えて、《次元の超越》からのカード連打で一気に勝つ。

 今回の構築は、《刃の魔術師》と《魔法剣》をフィニッシャーに据えたタイプで、《フレイムデストロイヤー》を用いたタイプよりトドメに必要な手札が多く事故りやすいが、各々のコストが低くスペルブーストによってコストがあっさり1や0になるのでトップスピードは速い。【アグロネクロ】は勿論、【ランプドラゴン】も一瞬で半分以上のライフを持っていくので、どっしりと除去しながら構えるのも不安と思ってこちらにした。

 

デッキ解説

《エンジェルスナイプ》《知恵の光》《マジックミサイル》《ウィンドブラスト》《虹の輝き》《魔力の蓄積》《運命の導き》《次元の超越》:3枚ずつ

 説明不要。これらが2枚以下になることはそうない。昔は《虹の輝き》は腐りやすいから2というケースもあったけど、《学院の新入生・ルゥ》や《魔法図書館》等自分のカードで対象にして嬉しいカードが増えたので、やはり3。

 

《サモンスノー》:2枚

 今回の目玉。先置き出来る《エンジェルバレット》。【アグロネクロ】を牽制出来るののは勿論、【ランプドラゴン】の4コス筆頭の《ラハブ》の体力が5だから進化した《マーリン》でワンパン出来ないので、後攻3ターン目や先攻4ターン目に置いておくと地味な嫌がらせに対する地味な嫌がらせになる。

 更にある程度リーサルの補強になるので、守りだけでなく攻めにも使える。《刃の魔術師》と《魔法剣》のルートは火力不足になりがちだから、こういう中途半端な火力増強も選択肢として立ってくる。

 カードパワー的にはそう異存は無いけど、複数引いても弱いので2枚。

 

《刃の魔術師》:3枚

《魔法剣》:2枚

 リーサル枠。《刃の魔術師》は自衛にも使えるけど、《魔法剣》は不器用なのでこの枚数。腐る《魔法剣》の枚数を抑えやすいのも、《サモンスノー》の強み。

 

《マーリン》:2枚

《学院の新入生・ルゥ》:2枚

《魔法図書館》:1枚

 スペルサーチ系。《マーリン》は1枚は絶対欲しいけど2枚目を引くと弱いから、半分《マーリン》の《学院の新入生・ルゥ》を積んで誤魔化す。《魔法図書館》は2コストで1枚が2枚になると聞くと強いけど、制約や弱点がキツいので注意。

 《サモンスノー》や《魔法剣》のせいで《マーリン》や《学院の新入生・ルゥ》で《次元の超越》をサーチしにくいので事故ったら割り切ろう。

《マーリン》は複数積まなくてもよさそうなので2枚。

《学院の新入生・ルゥ》はなんでか知らないけど2枚。

《魔法図書館》は《サモンスノー》と犬猿なので1枚。

 

《古き魔術師・レヴィ》:1枚

《炎の握撃》:2枚

 除去枠。

《古き魔術師・レヴィ》は進化権がカツカツな上進化出来ないと完全にお荷物だから1枚。

《炎の握撃》は手札さえ良ければアグロ系相手にも軽量除去として連発出来るので、複数積むのは悪くない。3枚は手札でかさばるかもしれないから1枚。

 これでデッキが39枚になったので《ゴーレムの錬成》入れて40枚。

 

 

 気が向いたら小技とかの話をします。

 ではまたいつか

11+11=相手の死。【ゼルドラゴン】

組もうと思った動機

 

僕ね、《モルディカイ》好きなんだよ。場にずっと残っててくれるから、ペチペチ盤面取ったり毎ターン確実に5点ダメージを遂行してくれたり無限にアドが取れるじゃん。

だから、ドラゴン新規のウロボロス(とビショップの《ヘブンリーイージス》を)見て、《モルディカイ》が増えたぜわっほいって回してたんだ。それからその他の新規も試してたんだけど、

あれ?《ゼル》ウロボロスに疾走を与えて殴ったら、ファンファーレ込みで11点じゃね?最大体力の半分以上じゃね?

じゃあ、《ゼル》ウロボロスを2回射出したら22点で勝ちじゃね!?

というわけで組んだよ。

ただ言えるのは、これ組むならエルフかロイヤルの疾走で殴る方が圧倒的に使いやすいよ。まぁその分ウロボロスが強いから劣化とかではないけど、進化権2つ残して10マナ貯まるまで耐える羽目になったりするからね、うん。

f:id:sinzyotoku:20170331224154j:plain

 

デッキ解説

 

・ワンキルパーツ

《風読みの少年・ゼル》:3枚

進化前はただのバニラだけど、覚醒してる状態で進化すると自分のフォロワー1体に疾走を与える。

これと組み合わせるカードは多々あるだろうけど、2枚コンボで一番強いのは、ウロボロスだと思う。

ここにサハクィエル《騎竜兵》を絡めるともっと強い動きが出来るけど3枚コンボになるので却下。

というかこいつ単体で結構エグいカードだよね?進化権残ってるドラゴン相手だとライフ半分以上残しとかないと安心できない。

 

ウロボロス:2枚

ファンファーレで相手に3点ダメージ、ラストワードで3点回復して手札に戻る。

ファンファーレで顔面に3点飛ばしパワー8で殴れば11点。これを2回やれば相手は死ぬ。しかもウロボロスは死んだら手札に戻るので、1枚でコンボ2連打出来る。生きてたらコンボも何も無いし。

単体でもテキトーに投げとくと相手が困ってくれるのが強い。ビショップと【秘術】ウィッチとドラゴン(《ライトニングブラスト》)は勘弁。

 

《ハイドラ》:1枚

ウロボロスは使い回しが効くから手札に複数枚持ってても意味薄いけど、でも手札に1枚も来ないってのはねぇってことでこれ。《ゼル》で疾走貰って2回殴って10点。

いるようなこれウロボロスでよくねなような。あいつより1マナ軽くコンボできる。

 

・サポート

 《ミニゴブリンメイジ》:3枚

さっきも言ったようにウロボロスは1枚でいいんだけど、《ゼル》は2枚必要なのでしっかりサーチしよう。

 

《竜の伝令》:3枚

ウロボロスは1枚でいいけど、それ以外もよくヒットするので多めに積みたいカード。

《竜の伝令》で《ウロボロス》確定サーチしようとすると、デッキのカードはほぼ全てコスト4以下かつフォロワーはほぼ全てコスト3以上という魔境デッキになるので、やめた。

 

《ダークエンジェル・オリヴィエ》:1枚

進化権が増えるよ。

お前優柔不断だな!って思う人いるかもしれないけど、いや、その、ほんとキツいんです。

22点コンボ決めるには進化権が2回必要なんだよね。

では問題です。先攻プレイヤーが22点コンボを決める場合、それまでに使える進化権は何回でしょう?

そう、0回ですね。進化しちゃいけませんね。

進化できないシャドウバースなんて、進化できないシャドウバースなんて、そんなのただのハースストーンじゃないか!(ハースストーンを貶める意図は無いよ)

というわけで入れました。

ただワンアクション間に噛ますというのは地味に大変なのと、1枚しか入ってないカードを当てにして動くのはアレということは覚えておいてね。

 

あとは除去とドローとPP増やしと疾走だけなんで説明は省きます。

 

 

強引にまとめ

というわけで、【ゼルドラゴン】どうだったかな?《ゼル》ウロボロスのコンボは、流石に特化するほどかは怪しいけど強力なので、ちょっとスナック感覚で相手の顔面殴りたくなったら頭の片隅に入れておくといいかも。

来週は《均衡の大梟》《死神の手帳》を用いたネクロのデッキをご紹介しないよ。

f:id:sinzyotoku:20170331234859p:plain

f:id:sinzyotoku:20170331234930p:plain

ではまたいつか

十二獣でリンク召喚してみたら

 新ルールフラゲ来ました!

 やべぇ!なんかよく分かんねぇけど特殊召喚しづれぇ!

 というわけで、個人的にリンク召喚は面白そうなのですが、EXモンスターゾーンというのがなんか、今までのカードを大量に洗い直す必要が生じてきてなんとも……。まぁ、今後のカード展開にもよるけどね。

 いまいち新ルールが分かりづらいので、くねくねエクシーズの大御所、【十二獣】を例にして、EXモンスターゾーンとリンク召喚を考えたらどんな感じになるかってのを考えてみよう。

 ※僕はTPじゃないので色々ヌルいのと、ルールミスなどあるかもしれません。そういうのを教えてくれるとこの話の質が上がります。

 

 

・モルモラットパターン

モルモNS→ワイルドボウSS→ハマーコングSS→ブルホーンSSからブルホーン効果で十二獣サーチしつつモルモSS→ライカSSからライカ効果で墓地から十二獣SSしつつモルモSS→ライカ十二獣ミセスレディエントSS→モルモモルモソウコSSして効果で天スウセットして発動→天スウ効果十二獣追加NS→タイグリスSS→ドランシアSS

結果:ミセスレディエント、ソウコ、ドランシア(素材2)

これを手札1枚で出来るのが凄いかどうかですよね。【十二獣】なのにエメラル出来ない!と取るか、いやお前正気になれ手札1枚でこれだぞと取るか

 

・会局パターン

会局発動モルモSS→ワイルドボウSS→ハマーコングSS→ブルホーンSSからブルホーン効果で十二獣サーチしつつモルモSS→ライカSSからライカ効果で墓地から十二獣SSしつつモルモSS→ライカ十二獣ミセスレディエントSS→モルモモルモエメラルSS→エメラル効果何かモルモモルモ回収してドロー→十二獣NS→タイグリスSS→ドランシアSS(→ミセスエメラルデコードトーカーSS)

結果:デコードトーカー(又はミセスレディエントエメラル)、ドランシア(素材2)

エメラルを出せます。が、そこまで持ち込むのにエクストラを割きすぎてしまい、せっかくのタイグリス効果がイマイチになってしまいました。

ちなみにここでタイグリス効果を無理矢理使えば、

   デコードトーカーエメラルドランシア(素材1)

というのも出来ます。デッキにモルモが1枚だけ余ってる状態。

 

 とまぁこんな感じじゃないかな。僕も分かんないので、色々指摘とかしてくれると嬉しいよ。

【結界像真竜】というのはどうだろうか

 いえーい久々の遊戯王の話だよ。

 さて、まず思うのが、戦闘破壊から身を守れる状況での結界像ってかなり強くない?

 除去を壊獣に任せるプランは言わずもがな崩壊するし、罠でもあんま除去って感じの罠が減ってきた気がする。

 じゃあ、結界像の隣に戦闘破壊から身を守れて特殊召喚に依存しないカードを置ければ強いし、逆にそのカードが壊獣に弱くても結界像が補ってくれるわけだ

 となるとねぇ、組んでみたくなるよね、【結界像真竜】

 

 

・デッキ解説

f:id:sinzyotoku:20170207235337p:plain

 

 エクストラはテキトーだよ。

 

 デッキのコンセプトは至って簡単。

 『真竜』永続魔法の効果を使って、『結界像』《マスターP》を場に揃えてニヤニヤする。あとは《強欲で貪欲な壺》《命削りの宝札》でリソースを補ったり相手の嫌がるカードを引いてきて更にニヤニヤする。

 揃わないことは少なくない(大体の場合『結界像』が引けない)けど、片方だけでも継戦能力はなかなかあるのでその内揃えてシメて勝てる。

 

真竜モンスター:《マリアムネ》1枚《マスターP》2枚イグニスH》1枚

 《マスターP》は強いけどあんま来すぎてもアレなので2枚。サーチ多いしね。

 イグニスH》は、なんか後攻弱くね?ってなって《烈旋》入れたけど、相手の妨害下で《烈旋》《マスターP》と他のリリース素材のセット揃う?ってなってレベル5で後攻に強いこいつに白羽の矢が立った。まぁなんか強いような弱いような。

 《マリアムネ》《ドラゴニックD》が2枚手札にあるっていう強い時に強いことする為のカード。ドロソが多いと強い時も来やすいので採用。いる!って強くは言えないけどなんやかんやいいカードだと思う。

 

結界像モンスター:《パキケファロ》3枚『結界像』3種類1枚ずつ

 枚数は特に拘りがあるわけじゃないけど丁度ちょっと足りないぐらいかなぁ。前はもう1枚入れてちょっと多いぐらいかなぁだったのでここはなんか調整いる。何属性の『結界像』がいいかはあんま自信無い。取り敢えず『十二獣』《妨げられし怪獣の眠り》で破壊されかねない以外がいいんじゃないかな。属性散らしてるのはメタ読みに自信が無いから。

 

《増殖するG》:1枚

 『結界像』との噛み合わせが悪いけど強いカード。《命削りの宝札》使うなら無駄撃ちすればいいだけなのでこっちは大丈夫。デッキの構造からして手札がたらふくあってもあんま意味無いけどまぁでも手札は多い方がいいし投げれば相手も動きにくくなるでしょ。正直オシャレ枠だから抜いていいよ。(ゴキブリがオシャレってどういう)

 

 

ドローカード:《命削りの宝札》3枚《強欲で貪欲な壺》2枚《強欲で謙虚な壺》3枚

 手札が強くなる。ダブったカードは《ドラゴニックD》に捧げればいいんだけど、2種類ダブったらもうしょうがないよ。

 

《ドラゴニックD》と愉快な仲間達:《ドラゴニックD》3枚《テラフォ》3枚《盆回し》2枚《擬似空間》1枚

 《ドラゴニックD》は無茶苦茶強い上に複数引けばその分強いので沢山入れよう。ただ《盆回し》はどうも難しいイメージがあるので3枚積みにくい。

 

『真竜』魔法、罠:《使徒》2枚《継承》3枚《黙示録》1枚《復活》2枚

 多い。

 こんだけ多いのは理由は単純で、《エア・サーキュレーター》バオバブーン》が入らないからです。

 そうなると《ドラゴニックD》で破壊しつつアド回復するには、『真竜』魔法、罠を《ドラゴニックD》で割って《継承》でドローするってなるわけなのよ。

 それと『真竜』魔法で召喚権を増やさないと《マスターP》『結界像』が並ばない。

 

《烈旋》:2枚

 このデッキは特殊召喚をそう行えない都合上、除去しつつリリース素材を工面してくれるこのカードは強い。デメリットの話はふざけたエクストラデッキから察して。

 

《羽根箒》、《ブラック・ホール》、《虚無》、《勅命》、《宣告》:1枚ずつ

 強い

 

サイドに入れたいカード

・追加のイグニスH》

・追加の『結界像』

《コズミック・サイクロン》等の伏せ破壊カード

・なんか『真竜』相手に強いやつ

 

 

・得意そうなデッキ、苦手そうなデッキ

 【十二獣壊獣】にはかなり強いと思う。《マスターP》で引っ掻き回して『結界像』で倒す。この2種類が揃えば相手も相当きついでしょ。

 【真竜】は普通にキツいと思う。特殊召喚しない特殊召喚メタデッキがミラーに弱いのはね。

 

 

 このデッキの特徴として、なんと『十二獣』を使わないんです!というか使えないんだけど。

 だから『十二獣』を使わないで環境とある程度渡り合えるデッキを使いたいって人や何度も何度も『十二獣』を回してもう頭が疲れたーって人も、このデッキをちょっと回してみてもいいかもしれません。

 

 では

テンションマックス!ドロシーウィッチ

 バハムートが降臨しました。

 新パックによって超越ウィッチはどうなっていくのでしょうと思いながらカードリストを見てみるとあら不思議。

 う……ううう?なんか微妙じゃね?

 ゲイザー、ルーンの貫き、破魔の術式……いや弱くはない、けども、これ超越ウィッチに入るかって、うーん。入りはするかもしれないけどなんかなんというか……

 ……

 というわけで、超越ウィッチのことはひとまず忘れましょう!

 

 

 印象鮮烈!【ドロシーウィッチ】!

 というわけで新しいレジェンド、《次元の魔女・ドロシー》を軸にした新デッキを作りましょう。

 《ドロシー》は、スペルブーストでコストが1ずつ下がる9コストの5/5、そして出た時に自分の手札を全部消滅させた後5枚ドローして手札それぞれを5回スペルブーストします。

 強いよ。

 そもそも手札が5枚に回復するのがインチキ臭く、その上その5枚の中からスペルブーストフォロワー達が湧いてくるのは頭おかしいです。まぁ対戦モノなんて頭おかしいぐらいじゃないと覇権取れないしね。

 というわけで、《ドロシー》と愉快なフォロワー達をスペルブースト(以下スペブ)して盤面にドカドカ送り込むのが、【ドロシーウィッチ】でございます。

 

 デッキかな?紙束だ!

f:id:sinzyotoku:20161229183220j:plain

 

 試しに組んだよ。なかなか悪くないから載せるよ。では、それぞれについてざっと釈明していきましょう。

 超重要カード

《智恵の光》:3枚

 スペルブースト強い。

《古き魔術師・レヴィ》:3枚

 進化すれば1枚で2体除去できるのはフツーに強い。進化権切れると手札で体育座りしてる間にドロシーにぶっ飛ばされるけど仕方無い。

《ウィンドブラスト》:3枚

 【超越ウィッチ】の時程のインチキさは無いもののテンポよく中型まで倒していくのは強い。ただ3は多すぎるかもなぁ。でも2マナの除去スペルって言うとなぁ。

《神秘の探求者・クラーク》:3枚

 手札のフォロワーに2回ずつスペブ。シンプルに強い。こいつのおかげで《フレイムデストロイヤー》を3積み出来る。

《ゲイザー》:3枚

 5マナだけどスペブでコスト-1。体力が4あるので3点ダメージを耐えられる。これは地味にデカイんじゃないかな?多分。《ドロシー》から引いて来ると丁度0コストになってすぐ出せる。

《次元の魔女・ドロシー》:3枚

 切り札。クソインチキ。こいつの効果を考えるとドロソをあんま積む気にならないので根性で引いてきて下さい。ダブると弱いけどダブるより来ない方が100倍謎デッキになるので3積み。

《フレイムデストロイヤー》:3枚

 重くてデカい。ドロシー以上に手がかかるので減らす人もいると思いますが、僕としてはそれなら手札の足並みが揃うまで待とうと思っています。

 というのも単純にパンチが足りないんですよね、いないと。コントロールの除去の嵐をかいくぐりつつ20点殴らなきゃいけないので、《フレイムデストロイヤー》を何枚か場と手札に置いておきたいです。そうなると腐るリスクがあっても3枚かなぁと。ここは微妙。

 

 いいカード

《エンジェルスナイプ》:3枚

 なんやかんやでメリットをもたらしてくれたりする1コストスペル。

 ウィッチの1コストスペルの少なさを考えるとこれはとてもいかすスペルです。あと2コストが多くなってしまったので奇数ターンの穴埋めに使えるかもしれない。

 ただ3枚は多いかもしれない。

《マナリアウィザード・クレイグ》:3枚

 手札のフォロワー1枚を2回スペブ。便利だけど、なんやかんや不器用さに効力が見合ってるかと言われるとうーんなんだよな。でも3積むスペックはあると思う。

《マジックミサイル》《虹の輝き》:2枚ずつ

 ノリ。《ドロシー》出すまでに欲しいのは手札よりもテンポだけど、《ドロシー》引かなきゃ話始まらないのでこの枠は少し欲しいよね。

《ゴーレムの錬成》:3枚

 ノリ。

《ベビーウィッチ・エミル》:3枚

 あのきゅわきゅわボイスはちょっと引いた。

 手札からぴょんぴょん出して盤面に触る生きる火力みたいな使い方が主かな。

 

 なんかびみょいやつら

 《ルーンの貫き》:1枚

 フォロワーと顔面に2点。4コストだけど進化するとコストが1になる。

 体感クソ弱いけどまだ判断を下すには早計かなぁとも思う。

 勿論進化権を切らしたあと引くとクソ弱い、でも4ターン目までに握ろうと思ってもマリガンで初手に来たらちょっと返すかもしれない。というか1コストならかなり強いけど4コストでこれはまじでもう信じウェーバーられないぐらい弱っちいのでなんか極端すぎてあんまなぁ。

 一周回って漢の3積みという手も無くはないけど手札でかさばると序盤の動きがかなりショボくなるのでこれも難しい。

《ライトニングシューター》:1枚

 オシャレ枠。お前らこいつのこと忘れてただろどやー枠。

 フォロワーで除去出来るからコンセプトにはかなりあってる。ただ重い。

《運命の導き》:1枚

 前は3積みしてたけど個人的にこのデッキは《クラーク》と苦楽を共にするデッキだと思っているので、こいつが手札にいるとのろのろしてしまうのが気になるのであんま入れたくないかなぁと。あと《ドロシー》がドローするシー。

 ただ根性で《ドロシー》引く必要があるのでドロソはある程度欲しいよね。

 

 入らなかったカード

《マーリン》

 スペブ持ちスペルが無茶苦茶少ないので見送り。1枚ならあり。

《魔力の蓄積》

 遅い。

《破魔の術式》《魔女の雷撃》

 遅い。ただ2コストばっかだしちょっとぐらい入れてもいいかもしれんね。入れるならどっちかっていうと《魔女の雷撃》かな。エンハンスとウィッチの相性の悪さたるや。

《サモンスノー》《二重錬成》

 盤面は《ドロシー》ドカーンでなんとかするのであんま小物パラパラ突っ込んでもしょうがない。

 《ドロシー》にあまり依存せず手札を投げつけるアグロタイプならありだとは思うけど、《ドロシー》との相性は悪いよ。

《刃の魔術師》

 6ースペブ分のコストの疾走。

 これ入れないのは方向性の問題かな。僕は《フレイムデストロイヤー》ドカーンするタイプだから疾走2点がどうのこうのする気にならない。

 《ドロシー》を締めにしたアグロタイプならありだと思う。ただ序盤もたつくのにアグロって出来るのかしらという気もしてる。元が6コストのこいつを入れるなら尚更。

《スペクトルウィザード》

 単純に弱くない?これ入れるならマーリン入れるわ。

 

 

 不安は誰にでもある

 【ドロシーウィッチ】の弱点。それは超速攻と全体除去ですね。要はむっちゃ早いのとむっちゃ遅いの。

 ミッドレンジロイヤル程盤面取りが安定せず、超越程フィニッシュが安定しない。《ドロシー》出す前後での強さは尋常じゃないですがそれまでに倒されたり尋常じゃない場を丁寧に丁寧に捌かれることがあります。

 まー正直そういうのは仕方無い。アグロに弱いのはウィッチの宿命だし《ドロシー》の性質上手札ブッパが正義だから全体除去はね。

 逆に対策する側、【ドロシーウィッチ】が倒せない!という人は【ドロシーウィッチ】何回か回してみるといいよ。使用感は結構【超越ウィッチ】と似てるけど盤面誤魔化しやすかったり勝ちへの確信が得られないままGOするしちょっと空気掴んどくと違うと思う。

 

 

 おまけ。デッキ名はギリリもう決めなくちゃ駄目さ

 【ドロシーウィッチ】は【アグロウィッチ】ですか?それとも。【テンポウィッチ】ですか?ということが気になる人もいるだろう。僕としては、どちらでもないと思っている。

 理由としては、序盤があんま強くないからっていうのがあるね。

 アグロデッキなら序盤にフォロワー並べまくって相手の処理を追いつかなくさせるし、テンポデッキなら序盤は相手を除去で牽制しつつ小粒で優秀なやつをポロッと出しておくでしょ。

 でも、【ドロシーウィッチ】は2ターン目に2コストバニラスタッツ出して「スペルブースト出来たーいい手札だー」ってするデッキでしょ?

 それでアグロやテンポ名乗るのは個人的にどうかと思うわけよ。

 でもミッドレンジでもないと思う。ミッドレンジっていうと肉厚なイメージがあるけど、【ドロシーウィッチ】が肉厚なのは《ドロシー》出したターンぐらいだし。

 要は【ドロシーウィッチ】なんだよ!強いて言うなら【コンボウィッチ】だけどウィッチなんてみんなコンボだろ。じゃあやっぱり【ドロシーウィッチ】じゃん!

 

 というわけで【ドロシーウィッチ】です。参考になったらいいかな。

遊戯王はMTGを真似するべきか。「いや、ただ手を速く動かしているだけだよ」

 爪の垢を煎じて飲むなんて言葉がありますね。由来知らないけどどっからそんなばっちい発想に至ったのか狂気を感じるレベルだね。へんっ。

 私見から言うと遊戯王って大概クソゲーよね。インフレで塗り替わる環境、言うほどじゃないけどなんやかんやでよく分からない裁定やルール、蘇らない不死鳥。こんなに制作側が雑なカードゲームがあろうかって話。まぁ慣れたけど。

 それに比べて遥かに環境が整備されているのがMTG。勿論全くもってやらかさないわけじゃないけど常時やらかしてる遊戯王よりは随分マシでしょ。

 ってなわけで、MTGの整備された環境に憧れる決闘者もいるんだろうが、そこまでは何もおかしくない。

 だけど、そこから発展して遊戯王MTGみたいにあれをすればいいとかこれをすればいいとか言う人が出てくる。それはちょっと落ち着いてほしい。

 MTGの真似事で、遊戯王MTGのようになれるだろうか。僕の答えはNoである。

 

 

 そもそもMTG遊戯王じゃ全然勝手が違う。MTGはレアカードの値段が高い。その高い金がどこに行くかといえば、それが例えば環境整備であるとなる。MTGはプレイヤーに高い金を払わせる代わりに、高品質なプレイを保証すると考えて間違いではないだろう(だろう)。

 僕としては、いいカードゲームづくりに必要なことの根幹は単純に努力だと思ってる。バランス調整の議論を重ね、プレイヤーが好むものの調査を行い、とやっていくことで、間違いが起こりにくくなる。

 それに比べれば、スタン落ちだのなんだのなんてただの枝葉でしか無いと僕は思うよ。

 だけどどうも、遊戯王プレイヤーの中には、そのMTGの枝葉の部分をやけにありがたがっている人が少なからずいるんじゃないかと思うわけ。

 

 

 コナミも規制を恥じるべき」というのは順序が逆である

 まずは遊戯王制限改定の辺りでちょいちょい出てくるこの話から。

 遊戯王のパワーカードは基本的に環境をぶっ壊すような、規制前提のカードであることは否定しない。

 だからそれがおかしい、有料の物を使うゲームとして歪んでいるというのはまぁ分かる(僕は感覚が麻痺してるコナミ信者なのでどーでもいいです。)。

 でもだからといって、MTGが前に言ってた「禁止カードを出すことは公式大会で使えないカードをパックに入れることになる」って発言をコナミは噛み締めろ、っていう話じゃないと思うわけ。

 今そういう人達が問題にしてるのは、規制しなきゃいけないカードが生まれることなわけで、まずメスを入れるならそこじゃない?

 今のコナミの雑環境整備で、「規制なんてしたらパックを買う人に裏切りになるな」とか言い出したらどうなるって、そりゃ、「環境ぶっ壊れてると思うじゃん?いや違うんだよー。○○って大会だと予想外のデッキが入賞してるからまーだ規制はいらないかなー」って言って必要な規制をしなくなるだけでしょ。

 どんなポリシーだろうと、必要なら規制はさっさとした方がいいに決まってる。

 MTGだって特定のカードが支配しているのに禁止改定を行わなかったらプレイヤーの不満がたまる。

 いっつもやらかしてる今のコナミにあるべきなのは思いやりじゃなくて思い切りでしょ。根っこがしっかりしてないのに、変に躊躇うような言葉ふっかけるのは悪影響だと思う。

 

 

 スタン落ち」はコナミの頭が爆発する

 「コナミはインフレを抑える為にスタン落ちを採用しろ」なんて気軽に言うけど、そんな簡単な話ではないよ。

 そもそも、スタン落ちすればインフレ抑えられるかというと、その保証は無いよ。

 スタン落ちのあるポケモンカードをやってたけど、ポケモンカードADVと数年後のポケモンカードBWじゃ全然違う。かなりインフレしてる。全体的に攻撃のダメージもそれを受ける体力も増えている。暇だったらADVレックウザとBWのレックウザを見比べてみるといいよ。

 勿論これだけ持ち出して無意味と言いたいわけじゃないよ。ただ、スタン落ちしてからインフレを抑えたいなら、製作者とプレイヤーの努力は必要だよって言いたい。そんな、スタン落ちってのよさそうだから遊戯王にもつっこもーぜーって単純な話じゃないよってこと。

 ちなみに補足すると僕はポケカのインフレは嫌いじゃないよ。ADVではマグカルゴexデッキを、BWではアギルダーデッキを使ってたかな。楽しかった。

 そしてデメリットもある。コナミの頭が爆発する。

 スタン落ちを導入するということは、レギュレーションを1つ増やすことになる。この時コナミに課せられる使命は、定期的に新しいカードプールになるスタンダードと今までのカードが全て使えるワイルドの、どちらの環境整備も行うことなわけだ(名前はハースストーンからお借りしたよ)。

 出来ると思う?レギュレーション1個ちゃんと出来ない人達が。

 カードプールが違うってことはカードの強い弱いも違ってくる。MTGのエルドラージなんか分かりやすいかもしれない。

 スタンダードでエルドラージが元気にかつ支配しすぎない程度に暴れている間、もっとカードプールの広いレギュレーションでは、モダンはエルドラージに食い荒らされ、レガシーとヴィンテージはエルドラージによる革命が起こっていた。MTGではレギュレーションじゃなくてフォーマットって言うけどね

 何故か。それは、ずっと昔に収録されたカード、《ウギンの目》と《エルドラージの寺院》のせいだ。勿論、その時期のスタンダードには存在しないカードだ。結果として、モダンでは《ウギンの目》を禁止することになった。

 要はスタンダードの中でちゃんとカードを作りながら、ワイルドでも変なことにならないようカード作りを調整していかなくちゃいけないわけ。

 君達が失望してるコナミにそれが出来るかって、そりゃ無理とは言わないけどさ。

 それと、レギュレーションを増やすとどれかのミスが会社のミスになるってのも小さくはない。

 例えば、pauperでループコンボ(等)のパーツ、《フェアリーの大群》が禁止になった。そしてその後、《フェアリーの大群》に似た効果を持つ《流浪のドレイク》がpauperに登場した。プレイヤーは《流浪のドレイク》を用いたループコンボを恐れた。結局《流浪のドレイク》は環境を荒らし、やがて禁止になった。遊戯王も毎回似たようなサーチ効果持ちが規制されるよね

 この騒動で「WotCちゃんとしてくれよー」と思った人の内どれだけがpauperをやっているだろうか。

 レギュレーションを増やすということは、賞賛と誹謗を浴びる回数を増やすことに繋がる。んで、今コナミはみんなから多かれ少なかれ恨まれるようなことをしているわけだ。じゃあ変に手を広げない方がいいよね。

 

 ちなみに余談だけど実質スタン落ちの話をするね。僕はこの言葉大っ嫌いなんだよ。割と好きなMTG動画でこの言葉使われててガックリ来た。

 ホント正直、実質スタン落ちとただのスタン落ちの区別がつかないのはちょっと冷静さが足りないと思ってる。

 実質スタン落ちってのは、遊戯王とかによくある話で、要は昔強かったカードがインフレのせいで大して強くなくなっていって、結局最新のカードで固めたデッキじゃないと大会で好成績を残せないって話から出てきた概念ってことでいいと思う。

 大体テンプレとしては、「でもMTGのスタンダードってスタン落ちがあるんでしょ?」に対して「いや、スタン落ちの期間ぐらいの時間があれば国産TCG(まぁグローバルな言い方だこと)ではトップメタがごっそり入れ替わってるよ。だからスタン落ちなんて大したことないさ」みたいな感じ。

 いやおかしくない?いやそもそも、MTG知らんけど、スタン落ちローテーション開始時(ちょっと言い方変かも)のトップメタがずーっと落ちるまで続くわけじゃないでしょ?新パックが来れば環境だって変わるでしょ?つまりこの人は必ずしも環境トップを追う必要は無いって言いたいわけでしょ?

 じゃあなんで他のTCGは躍起になって環境追う必要性があるわけ?ハナから環境追う気も無くデッキ組んでても実質的に落ちるわけ?

 MTGにだけぬるいハードル設置しておいて公平に語ってますーみたいな感じなのホント最早ただの嘘つきでしょ。詐欺師。

 僕はスタン落ちという制度についてはいいもんだと思ってるよ。だけど完璧な制度ってのはそう無くてやはりデメリットはつきものなわけだ。そのデメリットから目を背けるなんてもんじゃない、他人の首をぐいっと無理やりひねるような真似をするのは気に食わん。それで遊戯王がとばっちりでdisられてんだからたまったもんじゃない。

 と思ってたらそれ以外のケースでも言うみたいね。単純に、インフレきついしスタン落ちしても変わらなくね?、みたいに。変わるわ。

 

 

 別に、僕は諦めろと言いたいわけじゃない。「どーせWotCはじゃぶじゃぶリソース割いてやってんだから、コナミじゃ無理だよ無理」と言いたいわけではない。

 でも、MTGが上手くやっていってるのを、その枝葉だけ見て、それを真似するべきだと考えるのはどうなのかって言いたい。

 そもそも遊戯王は根っこがそういう点では危うい。だから僕はまず求めるならば一層の努力であると思う。しっかりまともなことをやる基盤を作ってから、使える物事を参考にしていくべきだと思う。

無課金で読んでるマンガ

 マンガアプリで色々マンガ読んでるよって話だけど、あんまガチで勧めるには語彙が足りないのでうだうだ書きます。

 

 COMICO

 どっちかっていうとふわふわキラキラな絵柄の漫画が多い気がするアプリ。ももくりとか有名よね。ちょっとしか読んでないけど。

 

◎今週のかなでさん

 かなでさん達が話を変な方向に持っていったり謎の生物がオチとして突然出てくる話。

 1つのネタが凄く面白いっていう感じじゃないけどトントン積み上げてくのでいい感じにニヤニヤ出来る。

 面白さにムラがあるけどテンポよくてポンポン読んでける。ただ雑なギャグ漫画に雑なシリアスはいらないと思うんだけど。

 

◎小執事たちの珍客

 お嬢様の為に立派な執事を目指す元暗殺者の男児の話だけど、執事要素が殆ど無いとみせかけてたまに浮上してくる、そんな感じの話。

 毒舌いじり系のコメディで、地に足がついてるんだけどしょっちゅう離れたとんでも設定ぶん投げてくる。

 基本的にデフォルメタッチなんだけど、その中に丁寧に書き込んだお嬢様を出すことで読者が一瞬で「あーこいつ別格だな」ってなるの上手いと思う。

 

○とうこん!

 辛いものが病的に好きな女児とその周りのまともだったりまともじゃなかったりする人達のあたたかいコメディ。

 起承転結が読みやすいとは言えしっかりしているのでのほほんと読んでます。

 

 

 マンガワン

 面白いですって投票されるより「ちょいたしにエッチなの書きました」って言ってちょい足し買わせる方が遥かに効率がいいアプリ(多分)

 

◎市場クロガネは稼ぎたい。

 学園内通貨が全てを支配する中で、主人公が人の金稼ぎの為に頑張る話。

 クロガネのキャラが好きすぎて読んでた。完結したけど。

 賛否両論の選挙編は、なんか、選挙で終わっちゃったのが残念だったしやっぱ尺取りすぎだと思うんだよね。大枠で見ると今までのスピード解決が嘘のように1歩ずつ進んでるから一気読みするべきだと思う。小さい枠だと普通にいいと思うけど。

 

◎ケンガンアシュラ

 男達が最強を求め格闘技やトンデモ戦法で闘う話。

 細かいとこを見れば結構無茶苦茶な感じはするけど、勢いと説得力があるのでざっくり読むと楽しめる。

 滅堂の牙は強そうに見えない。

 

◎翼くんはあかぬけたいのに

 上京した翼が都会のアレコレに右往左往するドタバタギャグ漫画。

 絵柄のふわふわ感とは裏腹に顔芸と勢いで攻める。

 たまに垢抜け要素を忘れるけど勢いがあって面白いので別にかまわないよ。

 ただ下ネタが話数を増すにつれ増えてくので注意。

 

○クリミナーレ

 犯罪に巻き込まれる体質の民人が犯罪者ばかりのクラスに送り込まれて「お前も犯罪者の素質がある」って言われたりする話。

 キャラが濃すぎて作者にすら捌ききれてない感じはあるけどキャラ紹介に話数使うので覚えるのは楽。

 僕は単純に日向子が好きで読んでる。あの人勢いがあって好きなんだよ。日向子が変態性を保っている中で月子が本職を忘れただの恋する乙女になったのが個人的にはアレだけど、まぁよくあることではあるよね。推理の星くんは関係無いよ。

 これも結構下ネタキツいっていうかそのまんま強姦魔の女がいるのでこいつ関連はかなりきつい。

 

○ITS MY  LIFE

 お家大好きおじさんことアストラがファンタジーする話。家の為に闘うけどなんだかんだアストラの人生哲学の方が他のキャラにとって大事だったりする。

 アストラのキャラが好きで読んでる。

 

○アオアシ

 天才でわがままな葦人が天才達の中でもまれるサッカー漫画。

 しょっちゅう葦人の元に課題が降ってきてその度にうんうん悩むんだけど、その分目覚めた時の葦人のビシって感じが見てて爽快。

 

 だいたいこんな感じ。

 念を押すけどこれはただの自分語りだから。人に読みたくさせるだけの文力は持ってないから。それでも何か気になることがあるなら知ってる範囲で答えます

 あと、この2つのアプリの漫画なら割と読んでるから、そこら辺の話もちょっとは出来るよ。ちょっとはね。